Jul26th

チン君パカ君で学ぶ特定の手順

Top / チン君パカ君で学ぶ特定の手順


ここでは、特定を行う際の手順をチン君、パカ君と学んでいきます。現在ページ作成中。

登場人物紹介

チン君:ネットに入り浸る時間だけは長いが使い方をよく知らないネットユーザー

パカ君:チン君を正しく導こうとするネットに強い男。IP開示と核ミサイルを両輪に悪いもの達と戦う。実はZONE-C計画による人工知能


チン君「炎上しとるンゴwwwwワイも特定に参加するンゴwwwww」
パカ君「こらこら、ダメだよチン君。何も予備知識なしに特定作業に参加しても、まじめにやっている人の邪魔をするだけだよ」
チン君「は?邪魔なんかするつもりはないで。ワイは個人情報を根掘り葉掘り掘り出すだけや」
パカ君「何もわかってないなあチン君は。ちょっと尋ねるけど、チン君が偶然炎上相手の個人情報を見つけたらどうするの」
チン君「んなもん、スクショ取ってすぐにスレに投下しますわ。情報は鮮度が命」
パカ君「一番ダメなパターンだね。じゃあ、この際だし特定作業の正しいやり方を学んでいこうか。ついでに炎上を防止する技術も身につくよ」
チン君「ファッ!?なんで炎上防止と特定技術の間にどんな関係があんねん」
パカ君「泥棒が出所後、防犯のコンサルタントになるってこともあるでしょ?炎上させている側の技術を学ぶことで防止する技術も学ぶんだよ」
チン君「なるほど」

正しい証拠保全の仕方

パカ君「じゃあ、炎上しているという想定で考えてみようか。はい、炎上してるtwitterのアカウントがあるよ。チン君はどうする?」
チン君「炎上の原因のツイートを画面に表示させてスクショを取り、晒し上げてやりますわ」
パカ君「100点満点でつけるなら30点だね。ツイート主がそのツイートを削除し、アカウント自体消したらどうするの」
チン君「でででも、証拠のツイートは押さえてあるで!!ワイの勝ちや!!!」/パカ君「スクショはあくまでも『一時的な証拠』にしかならないよ。それに、スクショは改変の余地があるからね。証拠として採用させたいなら、魚拓が欲しい」

ワンポイント

パカ君「twitterの画面は、ブラウザやクライアントによって表示が異なります。万人に共通し、改変の疑いのない画面を提示することが大切です」 

チン君「まぁ、そこまで言うなら聞いてやりますわ。魚拓って何や?」
パカ君「そのページが存在していたという証明だよ。魚拓内にある、『魚拓を取得したページ』は書き換えることが出来ないんだ。だから、証拠として使われるんだよ」

ワンポイント

パカ君「魚拓は様々なサイトでサービスとして公開されています。複数回魚拓を取ることも、効果的な証拠保全に繋がります」 

パカ君「魚拓は便利だけど、削除されることもあるから気を付けないといけないね。削除が難しい外国の魚拓サービスを使うと魚拓の保持率が上がるよ」
チン君「とりあえず魚拓を取りますわ」
パカ君「魚拓の取り方もこのwikiに少しまとめてあるよ。『twitterの魚拓を取る』を参考にしてね」
チン君「魚拓取ったで。早速スレに投下や!」
パカ君「はいストップ。確かに、スレに投下するのは必要な行為だけど炎上相手がそれに感付いて証拠隠滅を図ろうとしたらどうするの」
チン君「そこまで頭が回りませんでしたわ、どうしたらええんや?」
パカ君「まずは、『ユーザー情報の取得』『ユーザーが投稿した画像情報の取得』『過去のツイートの取得』『フォロー、フォロワーの取得』だね」

ワンポイント

パカ君「これはあくまでも、『Twitterでの炎上』における初期行動の一例です。他のSNSでは当然、必要な行動が変わります」 

チン君「順番に聞いてもええか?」
パカ君「いいよ。そのためのページだし。まずは『ユーザー情報の取得』だね。Twitterのプロフィールは『bio』って呼ばれていて、『名前』『アカウント名』『現在地(GPSを使ったものではなく各自で記載する)』『ウェブサイト』『自由記述欄』が書き込めるんだ」
チン君「あ、『現在地』はその人物の行動区域や家の場所、『ウェブサイト』はその人物の持っとるページって事やな!」
パカ君「冴えてるねえ、正解。ただし、必ずしもそうであるとは限らないから注意してね」
チン君「ん?どういう事や?」
パカ君「各自が勝手に設定できるから、例えば現在地が『皇居』になっていたりウェブサイトが『ウィキペディア』になってることだってあるんだよ」
チン君「ほーん、参考程度、って事やな」
パカ君「次は『画像情報の取得』だよ。画像って、その気になれば撮影場所まで特定できるシロモノなんだ」
チン君「確かにスカイツリーの写真なんかはある程度撮影場所を特定できますわ」
パカ君「最近の若者は情報管理意識がボロボロだからねぇ。免許証の画像とか載せてる人もいるよ」
チン君「自殺行為やんけ!」
パカ君「そうだね。で、画像を複数並べてみると、その人の行動がわかることもあるんだよ」

写真から現在地を特定してみよう

チン君「ななな、なんか例はないか?ワイも練習したいで!」
パカ君「そうだねぇ。じゃあ『http://news.mynavi.jp/articles/2013/03/21/ab/images/001.jpg』この画像がどこから撮られた物だか、考えてみようか」
チン君「ファッ!?なんやこのビル、うんこやんけ!」
パカ君「有名なビルだけど、どこから撮られたものかわかるかい」
チン君「奥にスカイツリーが見えますわ」
パカ君「着眼点がいいね。スカイツリーがある。他には気付いたこと、あるかな」
チン君「スカイツリーが見えるって事は東京か…うんこの手前にあるのは首都高か?」
パカ君「うん。いいぞその調子」
チン君「首都高の下にあるのは川やな。って事はこの画像は橋の上から撮られた物か?」
パカ君「残念ながらそこまでは特定できないんだ。ただし、川なのは合ってるよ」
チン君「割といい線行ってる気がするで」
パカ君「そうだね。じゃあ、ここで情報を整理してみよう。『スカイツリー』『首都高』『川』『うんこみたいなビル』『橋』がヒントだね」
チン君「そうなるな」
パカ君「スカイツリーの近くを通っている首都高を調べてみようか。」
チン君「小松川線、向島線、中央環状線が引っ掛かりましたわ」
パカ君「いいぞ。次は川だ。その中に、首都高の真下を川が流れている、もしくは平行に川が走っている場所はあるかな」
チン君「向島線と中央環状線やな」
パカ君「向島線はスカイツリーの西側、中央環状線はスカイツリーの東側にあるね」
チン君「せやな…あっ」
パカ君「どうしたのチン君」
チン君「この画像、首都高の奥にスカイツリーとうんこがあるで!」
パカ君「今日は妙に冴えてるねぇ。」
チン君「この地図と照らし合わせて…。中央環状線やとこの画像のように撮影できる場所はないな」
パカ君「そうだね。中央環状線だと高速の『奥』に川が流れる形になる」
チン君「つまり向島線の近くで撮られた写真って事やな!」
パカ君「そう、正解。じゃあ最後のヒントを使おうか。『橋』だよ」
チン君「向島線沿いで橋がある所を虱潰しにあたればええんやな」
パカ君「そうそう」

チン君「あったで!浅草や!!」
パカ君「お見事。この画像は浅草から撮られた物なんだ。」
チン君「浅草の橋の手前やろか」
パカ君「さらに正解。ここは雷門や浅草駅からも近くて、写真撮影のスポットになっているんだよ」
チン君「楽しいなぁこれ」

ワンポイント

パカ君「画像にはたくさんの情報が詰まっています。断片的な情報であっても、繋ぎ合わせることで特定に繋がります」 

パカ君「外部のブラウザゲームですが、さらに高難易度の特定をしたい人は『http://www.geoguessr.com』もあります。こちらは見知らぬ土地に飛ばされタ設定で周囲を散策し、自分が今いる場所を当てるというゲームです」

パカ君「少し内容が東京のものに寄ってしまいましたので、一般的に場所の特定に使えるものを紹介しておきます」
チン君「ワイも付き合うで」
パカ君「まずは『看板・標識』です。例は国道16号の標識です(http://i.imgur.com/qmTBHBW.jpg)
チン君「ワイの家からも近いな」
パカ君「この標識があるということは、撮影者は国道16号沿いで撮影したということになります」
チン君「国道の標識は国道沿いにしかないからな」
パカ君「例外としては、交差点手前などの標識に書いてあることもあります」
チン君「国道の通っている地域がわかれば撮影場所の特定もできるんか?」
パカ君「そうだね。1号や16号みたいに距離が長いと手間がかかるけど、他の写真やツイートとかを探っていけばだんだん範囲を狭めることが出来るよ」
チン君「次は何や?」
パカ君「『特徴的な形の建物』は便利だね。さっきのスカイツリーもそうだけど、目立つ建物って事は画像検索でも引っ掛かりやすいよ」
チン君「建物の位置関係も重要やな」
パカ君「そうだね。『上下左右』『手前と奥』これだけで位置関係を類推できる。さっきも、高速と川の位置関係で判断したよね」
チン君「他には何かあるんか?」
パカ君「そうだねぇ、写真によるけど『ナンバープレート』とかも使えるね。交通量の少ない地域(車線が別れていない狭い道路などが多い地域)とかだと、外部からの流入は少ないからナンバープレートにある地名で絞り込むこともできる。」
チン君「住宅街とかで使えそうやな。住宅街と言えば、よくある『コンビニ』とか、『ファーストフード店』なんかは使えんか?」
パカ君「君本当にチン君かい?妙に冴えてるけど。コンビニやファーストフード店のように、全国展開しているものだと若干手間がかかるけど、最近は大元のウェブサイト(ローソンとかセブンイレブンの公式サイト)には店舗検索が付いているんだ」
チン君「なるほどなぁ」
パカ君「店舗検索と写真の情報を重ね合わせて判断するのは、立派な特定手段なんだよ」
チン君「千葉にコスモスってコンビニがあるんやけど」
パカ君「初めて聞いたなぁ。きっとローカルなコンビニなんだろうね。そういうタイプのコンビニだと、地域の絞り込みが一気に楽になるよ」
チン君「特定の地域にしかないから他の地域を探す手間がかからないって事やな」
パカ君「そういうこと」
チン君「賢くなりましたわ」

過去のツイートを掘ってみよう

パカ君「だいぶ画像情報に時間を割いちゃったけど次行こうか」
チン君「次は何や?」
パカ君「Twitterアカウントを掘ったでしょ。過去のツイートを覗いてみようか」
チン君「どうしたらいいんや?」
パカ君「普通に公式サイトで漁っていくのもいいけど、Twilogみたいな外部サービスを使うといいよ」
チン君「使ってみるで」
パカ君「君、放置してるアカウントあるでしょ。適当に使ってみなよ」
チン君「ブログ形式で見やすくなったで」
パカ君「こうすると探しやすいね」
チン君「たまにいる、アホみたいにツイートしとる奴はどうしたらええんか?」
パカ君「Topsyとか使うといいかなぁ。http://topsy.com/twitter/(ユーザーID)で掘れるよ」
チン君「これは便利やな!ガンガン掘っていくで!」

アカウントの繋がりを見てみよう

パカ君「Twitter路線の最後の話は『フォロー、フォロワーを調べること』だよ」
チン君「何がわかるんや?」
パカ君「その人がリアルで接点のある人が出てくるかもしれないねぇ。あと、botとかの管理やる時に、botの一番最初のフォロワーが作成者になるってこともあるんだよ」
チン君「ほー、知りませんでしたわ」
パカ君「あとは、悪用厳禁だけど『鍵垢にリプライを送っているアカウント』も調べられるよ。検索窓に鍵垢のIDを入れて検索ボタンを押せばOK」
チン君「鍵垢へのリプライから会話の内容を推測するって事やな」
パカ君「そうそう。で、その内容からリアルで接点のある人を絞り込んでいくっていう使い方もできるね」
.