Nov22th

Facebookから個人情報を掘る

Top / Facebookから個人情報を掘る

このページでは、Faceboookを用いた個人情報の掘り方を学習します。
サイトの特性上画像は載せませんのでご注意ください。

Facebookとは

Facebookとは、SNS(Social Network Society)の1種であり近年爆発的に利用者を増やしているサービスである。
特徴として、「原則実名での登録(これはgoogle+も同じ)」がある。

Facebook上での用語の解説

  • 友達
    twitterでいう相互フォローに相当する。繋がりを調べるのに使える。
  • シェア
    twitterでいうリツイートに相当する。当該記事・投稿を他人に見えるように再投稿する。
  • Facebookページ
    Facebook上のコミュニティスペースのようなもので、その話題に興味を持つ人が集まる。
  • グループ
    共通の集団に所属する人がまとめて入っているFacebook内の集団を指す。

Facebookで掘ることが出来る情報

連絡先やSkypeアカウント、居住地、生年月日、所属団体等が掘れます。

  • 個人データの掘り方
    氏名をクリックすると、個人のページに飛びます。基本データをクリックすると、詳細な個人のデータが見れます。
    ここの「連絡先情報」の中に、FacebookメールサービスのアドレスやSkypeのアカウント名が記載されていることがあります。
    「基本データ」には生年月日や使用言語が書かれています。

ちょっと注目

Facebookの個人のページのアドレスに注目してください。割と、本名になっていることが多いです。
ここから本名を割り出すこともできます。スイクン(北大アフィサークル参照)はこの方法で特定されました。

発展的な使い方

  • 友達を調べてみよう
    Facebookでは、実生活で交流のある人とのつながりが多いSNSでもあります。
    今回の炎上事案では、複数人の対象者の友達をチェックし、挟み撃ちの形で共通の友達を発見し範囲を広げていきました。
    また、友達を調べると、ズラッと並んだアカウントに「所属団体」が表示されていることもあります。これも特定に使用できます。